自分の体調のことー甲状腺の病気 橋本病について

橋本病

2013年に本来は別の目的で訪れた病院で、首が腫れていますよ
すぐに甲状腺の検査をしましょう、ということになって
それで発覚した橋本病。

多くの方がそうかと思いますが、私も全く自覚がありませんでした。

現在は血液検査の数値が安定しているので
薬は飲んでいません。
でも太りやすいんですよね〜。

これは悩みます。。。

それで全くと言っていいほど、一度増えた体重はほとんど
減ることがないのですよね😭
絶望しかありません。

効果的な運動の仕方にも、橋本病の人特有の動き方というのがあり
ウォーキングなどは50分以上続けると(ようやく)効果が現れるとのこと。
私は歩くのは好きなので、苦ではないのですが
景色が変わらないのは苦です。
だから外をウォーキングしたいのですが
秋になり、冬に向かっていく今の季節は
いつも晴れているわけではないので、お天気の様子をみて
ウォーキングできるかどうか判断しなくてはいけません。

どこか遠くまで出かけて、突然の雷雨に見舞われたりすると
大変ですよね。
雷雨どころか、直径5cm大の雹が降ってきて
ばちばちに叩きつけられ、濡れるし痛いし、という経験をしたことがあります。
それって、まさかの9月に経験しました(北国ではありません。気候変動かな!?)

その時は靴がボロボロになりましたが
それ以外は無事でした。

橋本病は自己免疫疾患なので、
風邪なども拗らせてしまうと、完治まで長引いて
2〜3ヶ月かかることなどもあります。
私は若い時から、風邪をひいたら、咳が治るまでには
2〜3ヶ月かかるのが常でした。
風邪をひくと、親の小言がとまらなくなって
それをあび続けるのがストレスで
しかし咳は止まらず。。。
治す気がないとか、
だらだらしているからだとか、
親の小言がとまらず、
自分の咳もとまらず、の悪循環は何年続いたのでしょうか。
自分の人生の大半を、そうして過ごしてきました。

お医者さんに、私、行動が遅くてだらだらしている、意欲がないって
親によく叱られますという話をしました。
それは橋本病の症状の一つである、意欲がわかない、について
当てはまるのではないか?との考えから
話題はそちらに向かいました。

お医者さんが返してきた言葉で印象的だったのは
「それはどちらの言い分があっているかわからないね。
あなたが意欲がないのかもしれないし、親がセカセカしていて
子どもを見ていると言わずにはいられないタチなのかもしれないし」
というものです。

それ、両方あるよねと思いました。
我が家は母が特に過干渉であったので、
家でリラックスしている娘にイラつくという事はよくありました。

橋本病だけど、体調を崩さずにそこそこいい状態を保つ
運動して、次の日に疲労を残さない、体調を崩さずに日常を送れるというのは
私には難しい事でした。

今、実家を離れ、夫とも離れて暮らせるようになり
自分を保つことが可能になったような気がします。

心の状態が安定している、それを継続する
風邪もひかずに体調が安定している、それを継続する

それらがなんとなくうまくいって、安定していること
これは貴重なことです。

橋本病だけどダイエットする、体重の減少に努める

これはやっていきたいんですが、思いの外難しい面がありました。
私は50分ウォーキングは可能ですが
次の日もピンピン元気、という部分について
その部分に関して、あまり自信がありません。

このあたりのちょうどいいバランスを見つけられたらと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました